メディアセンター

メディアセンター

Go Back

愛康ニュース

高効率新エネルギーのスマート製造、愛康2019の新規ブランド戦略
2019/05/29   201  
2019年は中国の「新エネルギー平価ネットワーク元年」だと呼ばれています、新しいエネルギー業界が新しい発展周期に入っていると示します。いままで、政策を駆動力とする新しいエネルギー企業は、技術、プロセスの革新により、新しいエネルギー製品がある程度の普及率に達していました、技術コストも90%以上が下がりました。将来、政策の駆動力による影響度が下がります、技術の積み重ね、更新による「コストダウン・効率アップ」は業界の発展を推進する主な動力になります、このきっかけは新しいエネルギー業界の参加者に新しい役目を与えています、戦略の革新を実施しなければならない現在です。
愛康グループは中国新エネルギー業界にトップランナーで、中国のトップ新エネルギー総合サービス型グループの一つです。グループは社員が3500人以上、子会社が300社以上あります、傘下の愛康科技(002610)は2011年に深セン証券取引所に上場しました。2018年に、愛康は中国民営企業トップ500社ランキング第476位、グローバルにおける新エネルギートップ500ランキング第57位になっています。愛康の傘下機構は全国の重要都市に分布されています、販売サービスネットワークはグローバルに80ヵ国以上と地区に点在しています、いま、研究院と新技術イノベーションプラットフォームを設立しています、累計で技術特許を300件以上取得しています、また国内外に400件以上の栄誉を獲得しています。2006年に設立して以来、将来性を見抜ける戦略視野により、一歩一歩で着々と進んで、安定で戦略モードチェンジを成功に実現しました。
2019年、愛康は新しいエネルギーの市場挑戦を迎えています、政策の変局、国際貿易戦などの複雑な情勢により、戦略革新を行い、初心に戻り、新しいエネルギー発電所に焦点を当てます、なお、新しいエネルギー製造のリード地位、新しいエネルギーサービスにおける豊富な経験により、愛康の新しいエネルギー「ALL-IN-ONE」一体両翼ソリューションを作ります、技術革新をキーポイントとして、完全に脱皮して、「高効率の新しいエネルギーのスマート製造」に力を入れて、太陽光発電の平価ネットワークの企業ビジョンを実現しようとします。

 
Return