太陽光発電所維持管理-愛康新エネルギー-業務内容-愛康グループはエネルギーインターネット時代を開きます
ホームページ >> 業務内容 >>  愛康新エネルギー >>  太陽光発電所維持管理
太陽光発電所維持管理
会社概要

中康維持管理は専門の太陽光発電運営・メンテナンス・委託管理業務を提供し、発電所ライフサイクルの維持管理コストを下げ、太陽光発電資産を最大限に価値保持して値上がりするのを使命とすることに力を尽くす会社です。未来、中康維持管理は10GW超大型規模発電所維持管理能力を持つのを計画し、全国20%の太陽光発電所を運営して管理するのを目標とします。愛康はインターネットの先導企業と技術協力を行うことによって、太陽光発電所発電側にモノのインターネット技術を導入し、ワイヤレス伝送・クラウドサービズとクラウドコンピューティング機能により、ビッグデータを掘り起こして分析し、蓄積したビッグデータシステムが知識ベースプラットフォームによって各種の情況に対して精確な判断と迅速な反応をし、発電所に対してインテリジェント化の維持管理を行うことができます。

業務紹介
自分所有発電所維持管理

会社は太陽光発電所の発電業務に集中し、重点的に発電所の維持管理をしっかりと行い、持続的に発電効率を高め、現在新疆・青海・甘粛・山東の4つの地域センターを設置し、維持管理地面発電所の規模が500MW以上で、分布式発電所の規模が18MW以上で、安徽・江西・江蘇・浙江などの地区に分布します。同時に、建設中発電所の規模は約600MWで、そのうち分布式発電所が建設中発電所の規模の約25%を占めます。2015年末まで、中康電力は維持管理発電所規模1.2GW以上を実現するのを予想しました。

発電所代理維持管理

自分所有発電所の維持管理をしっかりと行う同時に、会社は積極的に発電所代理維持管理業務を開拓し、電力施設修理許可証を取得し、専門の維持管理担当者と設備を持ち、すでに寧夏中衛・江西会昌などの40MW発電所と代理維持管理協力関係をつくり、関係業務が今なお持続的に拡大しています。

発電所検測等級評定

会社は投資して発電所検測等級評定会社を設立し、高規格の太陽光発電所検測実験プラットフォームを建設し、発電所の専門検測・評価能力と水準を備え、実験室において輸入サーマルイメージャ・IV曲線試験機・マルチパルススマートケーブル故障試験機・電源品質アナライザ・パワーアナライザなどの先進的な設備を持っています。リードして業界内での初めての完全な発電所検測等級評定基準モデルをつくり、独立した等級評定資格と権威を備えます。

買電売電業務

会社は国家電力業界の改革に基づき、積極的に自分所有発電所の優勢を発揮し、真っ先に売電側業務に足を踏み入れ、現在会社はすでに上海・甘粛・新疆・青海などの専門売電会社を設立し、電力業界の関連政策研究を展開し、最新政策、措置発展の歩調を合わせ、すでに一部の地域の大口需要家と初歩的な協力意向を達成しました。

カスタマーサービスホットライン:400-101-7000

カスタマーサービス担当者勤務時間:08:00-24:00