太陽光発電所等級評定-愛康新エネルギー-業務内容-愛康グループはエネルギーインターネット時代を開きます
ホームページ >> 業務内容 >>  愛康新エネルギー >>  太陽光発電所等級評定
太陽光発電所等級評定

業界内でリードする発電所検測システムをつくるために、愛康は全面的な発電所モニターリングシステムを作り、業界内で真っ先に華為と協力パートナー関係を創立し、共同でモノのインターネット・クラウドサービズなどの先端技術領域に突破しました。愛康評級は要素分析法を採用し、業界の発展状況を観察し、発電所の技術レベルを評価し、プロジェクトのリスク要素を監視し、それによってプロフェッショナルで精確な発電所等級評定の枠組みを作りました。愛康評級の等級評定はスパイダーダイアグラム評価・総合等級評定・IRR価値評価の3つのモデルよりなり、量化・システム化と多次元化リスク要素により、オンラインモデル・オンラインデータとオフライン技術の3つの評価方法を結び付けて等級評定結果を表し、同時にキャッシュフロー分析を行い、ストレステストで等級評定結果を検証します。


• スパイダーダイアグラム評価モデル:すべてのプロジェクトは発電量と発電所の2つの方面を出発点とし、それぞれ5つの次元からリスク要素に対して数量化評価を行います。そのうち発電量の評価においては工事品質、放射線・電力網、土地資源の価値、変動率、設計と維持管理などの5つの次元を含みます。発電所の評価においては発電所品質、ストレス試験、財務、発電と利用の5つの次元を含みます。
• 総合等級評定モデル:すべての関係要素によって重み評価モデルをつくり、各発電所に対して総合等級評定を行います。
• IRR価値評価模型:各種の関係データの収集・分析によってIRR・ROE資産評価モデルを作り、投資収益から各発電所の資産価値に対して等級評定を行います。
• キャッシュフロー分析:既知のリスク要因によってキャッシュフローモデルを作り上げ、発電所の発電量を予測することによってキャッシュフローを予測し、この資産のIRR・NPVとROEなどのパラメーターを計算します。発電所の発電量の歴史データを参照し、モンテカルロシミュレーションを運用してキャッシュフローの統計データ・変動率と分布情況を予測し、収益リスクを評価します。

愛康発電所等級評定は主に豊富な発電所技術、豊富な発電所維持管理とリスク管理経験に頼り、4つの方面の際立っている優位を備えます:
精確な検測技術

• 検測のカバー率が第三者検測機構より高い
• 長期的な実践検証を持つ誤差校正技術体系
• 検測技術者の豊富な検測経験

豊富なEPC建設経験

• 豊富なEPC実際操作経験で器具設備と工事品質に対して正確な評価システムを作り上げます。
• 長期に発電量を記録し、大量のデータと資料を蓄積しました

熟している発電所維持管理チーム

• 業界内でリードする華為長距離ビッグデータ集中管理システムと全面的なデジタル化コントロールシステムをつくります
• 全方位のプロジェクト経験は発電所検収と維持管理に堅固な基礎を提供しました

専門の信用格付けチーム

• ベテラン信用格付け専門家
• 太陽照射地理グリッドデータベース・大気スモッグ地理グリッドデータベース・送電使用地理グリッドデータベース・太陽光発電所開発全面リスクベース・太陽光発電所維持管理最適化データベース

カスタマーサービスホットライン:400-101-7000

カスタマーサービス担当者勤務時間:08:00-24:00