太陽光発電環境保護-社会的責任-愛康グループはエネルギーインターネット時代を開きます
ホームページ >> 社会的責任 >>  太陽光発電環境保護
太陽光発電環境保護
愛康はずっと環境の保護を企業理念の最も重要な位置に置き、新エネルギーと低炭素の分野で積極的に独特で効果的な探求をします。2016年、愛康グループは新エネルギー業界のチャンスを発見し、真っ先にエネルギーインターネット時代を開き、新エネルギー発電実力を強化し、新エネルギー業におけるリーダーシップ的地位と優勢性を持続的に拡大し、最も信頼できる国際クリーンエネルギー全体計画のソリューションプロバイダーと中国新金融領域における総合的サービス提供企業になりました。

緑色・低炭素行動

1、太陽光発電所を開発して運営し、人間により多くのグリーンエネルギーを建設します。
2、低炭素シードグループを組織して創立し、本当の完全な低炭素産業チェーンをつくり、「炭素サービス企業―排出規制対象企業―新エネルギー企業―省エネ企業―炭素市場投資家―金融機関」の各部分を貫通させ、業界と全社会のすべての力を統合し、中国の炭素市場の健康な発展のために力が凝集し、中国経済の適切な炭素排出削減のために力が凝集し、空が更に青くなって地が更に緑になることのために力が凝集し、中国経済のモデルチェンジアップグレードのために力が凝集します。
3、愛康カーボンオフセット年を開催し、低炭素概念を普及させる同時に合計548.4万人に花火・爆竹による二酸化炭素を消して21695元を寄付し、カーボンオフセットのために3656トンのCCERを寄付し、緑色事業のために貢献します。
4、愛康科技は炭素資産の開発・炭素金融の研究に力を尽くし、太陽光発電所の付加価値を拡大します。恒宇天沢と「炭素資産用益権譲渡契約」を締結し、形成した一部の炭素資産の用益権を21元/トンの価格(合計18449850元)で譲渡しました。
5、炭素資産管理基金を創立し、炭素資産事業の高速な発展を推進します。

低炭素貢献・成果

2015年まで、累計で108.5万トンの二酸化炭素の排出を減らしました。
2015年まで、愛康は緑色教育事業を支援・寄付活動を展開し、累計寄付金が2000数万元に達しました。
2015年まで、世界で数十基の太陽光発電所を建設し、毎年人間に約8億キロワット時以上のグリーンエネルギーを提供します。

2016年1月17日、愛康グループは新エネルギー分野と炭素金融分野での際立っている成果により、第7期世界環境保護大会に「国際炭素金賞―革新価値賞」を受賞し、総裁鄒承慧が「国際炭素金賞―炭素金変革者賞」を受賞しました。
江蘇愛康実業グループは低炭素環境保護事業に力を尽くし、空が更に青くなって地が更に緑になることのために力が凝集します!


カスタマーサービスホットライン:400-101-7000

カスタマーサービス担当者勤務時間:08:00-24:00