太陽光発電貧困家庭支援-社会的責任-愛康グループはエネルギーインターネット時代を開きます
ホームページ >> 社会的責任 >>  太陽光発電貧困家庭支援
太陽光発電貧困家庭支援
中国政府は強力に太陽光発電精確貧困扶助モードを推進し、鄒承慧がしっかりとこの歴史的きっかけをつかみ、全力で太陽光発電貧困家庭支援プロジェクトに加わりました。彼は太陽光発電精確貧困扶助プロジェクトを愛康の重大な戦略地位に上げました。

鄒承慧は、「愛康の従事する産業が新エネルギー太陽光発電で、その特徴は収益がとても安定的で、産業化・規模化・集約化にも適合することです。例えば、ある県には1千の貧困人口がある場合、過去の方法が毎年最低生活保障金を与えることで、「輸血する」方法ですが、私達はこれらのお金を集中させて1つの産業をつくり、その上この産業が連続して20年間生産できれば、毎年3千元の収益を獲得でき、それが「造血」で、貧困家庭は収益増加のルートがあり、貧困から脱却する希望もありました。」と言いました。

この貧困扶助モードによる収益は多重的です。貧困人口の収益安定・収益増加を促進するのに有利であるだけでなく、その上現地の経済発展を促進するのに有利で、固定資産投資を増加し、税収を増加し、就業を解決し、GDPエネルギー消耗を解決します。それ以外に、太陽光発電所の発電収益についての国家税収を上級機関に渡す後、政府は貧困扶助に使用でき、一つで 二つの利益が得られ、本当には良性循環です。

現在まで、愛康はすでに全国の35の貧困県市区と重要な戦略枠組み協議を締結し、協力範囲が太陽光発電貧困家庭支援に限られるだけでなく、各県市区の太陽エネルギー・風力・水力・バイオマスエネルギー発電など、充電ポスト・新エネルギー自動車・知能電力網の建設および基本建設類プロジェクトの融資を含む新エネルギー建設にかかります。

2016年、愛康グループは南康区人民政府と「太陽光発電所協力建設貧困扶助投資プロジェクト協定書」を締結しました。双方は新エネルギー精確貧困扶助投資プロジェクトについて協力します。愛康は南康区精確貧困扶助事業を促進するために、各郷鎮の貧困村と経済の薄弱な村の太陽光発電利用可能な土地資源を利用し、農光互補・林光互補・漁光互補の太陽光発電所を建設し、予定総設備容量が約150メガワットで、年間発電量が1.6億キロワット時です。

4月、愛康グループは撫州市広昌県人民政府と『戦略提携枠組み協定書』を締結し、双方が新エネルギー精確貧困扶助投資・新エネルギー自動車と充電ポストの投資・経済森林炭素協力開発・基本建設類金融とPPPプロジェクト投資などの分野での戦略提携展開を合意し、総投資額が25億元以上です。

4月12日、愛康グループはカン州市龍南県人民政府・龍南経済技術開発区管理委員会と『戦略提携枠組み協定書』を締結し、双方が新エネルギー精確貧困扶助投資・新エネルギー自動車と充電ポストの投資・公共施設・標準工場・PPPプロジェクト投資などの分野での戦略提携を統一的に計画し、総投資額が40億元以上です。

4月11日、愛康グループが石城県人民政府と「太陽光発電所協力建設貧困扶助投資プロジェクト協定書」を締結し、双方は新エネルギー精確貧困扶助投資プロジェクトについて協力します。石城県精確貧困扶助事業を促進するために、各郷鎮の貧困村と経済の薄弱な村の太陽光発電利用可能な土地資源を利用し、農光互補・林光互補・漁光互補の太陽光発電所を建設し、予定総設備容量が約150メガワットです。今回の投資は予想12億元で、プロジェクト元金は20%即ち2.4億元です。

カスタマーサービスホットライン:400-101-7000

カスタマーサービス担当者勤務時間:08:00-24:00