愛康グループはエネルギーインターネットを牽引し、2016SNEC太陽光発電展覧会に参加しました-愛康ニュース-メディアセンター-愛康グループはエネルギーインターネット時代を開きます
ホームページ >> メディアセンター >>  愛康ニュース

愛康グループはエネルギーインターネットを牽引し、2016SNEC太陽光発電展覧会に参加しました

2016-05-27 09:36:36  をクリックして:

  2016年5月24~26日、新エネルギー先導企業の愛康グループは「エネルギーインターネット時代を開く」をテーマとして国際化・専攻化の太陽光発電業界の盛会「SNEC2016国際太陽エネルギー産業および太陽光発電工事(上海)展覧会」に参加し、全面的にその最新の発展戦略とコア業務を展示しました。

  連年「SNEC太陽光発電展覧会」に招待され、愛康グループの毎回の参加が業界と観衆に意外な喜びを与えることができます。愛康グループの2016年SNEC展示場所の内装は白色を主として愛康logo色と組み合わせる色およびシンプルで上品な設計風格で、ハイテク感・未来感・インターネット感を体現し、ハイエンドでクールな展示場所全体のイメージをつくり、更に展示参加者の識別に便宜をはかります。展示場所機能区域の計画において、愛康は240㎡の常規展示区をつくっただけでなく、そのうえ革新的に90㎡の大衆相談区とparty区を増設し、展示参加者の休みとビジネス面談に便宜をはかり、すべての飲料と点心が有名なブランドで、顧客が享受できます。

  今期の展覧会における愛康グループの宣伝テーマは「エネルギーインターネット時代を開く」で、これも愛康グループの行っている第3回戦略的モデルチェンジの核心思想です。2015年以来、愛康グループは「エネルギー+インターネット+金融」の戦略的モデルチェンジをスタートさせ、新エネルギーの太陽エネルギー製造と総合運営サービス実力を頼りにし、「インターネット+」思惟と「普恵金融」の商業モードを運用し、太陽エネルギーを主要なエネルギーとする発電端末と売電端末を貫通させ、エネルギーインターネット時代を開き、総合的エネルギープロバイダーになります。

  今回のモデルチェンジにより愛康グループは全く新しい商業モードを開き、重点投資分野をエネルギーサービスと金融サービスに位置づけ、そのうち、エネルギーサービスは発電所EPC・維持管理サービス・等級評定検査と評価・炭素資産の開発などの業務を含み、金融サービスはファイナンスリース・インターネット金融・基金と資産管理などを含み、各金融部分を貫通させるのに力を尽くし、産業チェーンにおけるコスト最低化を実現します。

  今回の展覧会において、愛康グループの業務責任者の皆さんは次第に登場して講演し、公衆に上記の業務を深く分析し、公衆に全面的に愛康グループの現在の業務範囲を知っているように率います。

一日の講演の期間において、バイオリン演奏・ダンス・サクソフォーン演奏・古筝演奏などの上演があり、大量の観衆が足を止めて観覧しました。

  聞くところによると、今回のモデルチェンジにおいて、愛康はエネルギーインターネットをめぐり、「エネルギー発生」と「エネルギー消費」を同時に推進します。一方、インテリジェント化のエネルギー管理に頼ってエネルギーの「発生」と「消費」をつなぎます。愛康のインテリジェント化プラットフォームにより、運営者はすべての発電所のリアルタイム維持管理状況を掌握でき、分布式発電所の利用者もいつでも自分の発電所の運行状況を調べることができます。これは未来のエネルギーインターネット発展のハードウエア基礎です。もう一方、インターネット金融革新に頼ってエネルギーの「発生」と「消費」を実現します。各種の金融革新によってもっと多くの公衆に新エネルギー産業に参与させ、同時に投資方式を革新して太陽光発電産業の長い間の融資難題を解決します。

  これらの分野での革新的配置により、愛康は正式にエネルギーインターネット時代を開き、世界に愛康の電力を使用させます。

より多くの現場写真:

カスタマーサービスホットライン:400-101-7000

カスタマーサービス担当者勤務時間:08:00-24:00